• トップ /
  • 家探しは二世帯同居で探す

二世帯同居の家探し

家探しは二世帯同居で探す

家探しをする際は同居も視野に

家探しをする際に親との同居を視野に二世帯で探すという方法をとる方が最近除々に増加傾向にあります。近年では親子関係も変化し、昔のように厳しい親子の上下関係も薄れ、友達親子のように仲の良い親子関係のご家族も増えています。良好な親子関係であれば、同居をすることに抵抗を感じないという方が増えています。また、家探しをする際に特に都心の場合物件価格が高く、子供の世帯収入だけでは購入することが難しいケースも少なくありません。条件を譲歩して郊外に購入するという方法もありますが、年を重ねると病院や鉄道の駅まで遠い場所や買い物に不便ば場所程後々苦労をすることもあります。しかし、親と同居することによって、親の収入と子供の収入を合算して二世帯住宅を探すことが出来ますので、希望の立地の物件を探すことが出来る可能性が高まります。家探しをしていると、二世帯物件の住居の快適性にも気がつくでしょう。玄関が分かれていることは当たり前で、キッチンやトイレも別に設置されていたり、プライバシーが保たれる構造になっている物件が増えています。また、都心部では保育園も不足していますので、子育て世帯にとっては親と同居することで子育てを手伝ってもらえるという大きなメリットがあります。

バックナンバー

家探しの深い情報

↑PAGE TOP