二世帯が過ごしやすい家探しとは

近頃は子育てを手伝ってもらったり、戸建て購入の資金を援助してもらえるなど様々な理由から祖父母と二世帯で暮らせる家探しをする人が増えています。親と言えども全く別の二世帯が一つ屋根の下で暮らすということはそれほど簡単なことではないため、祖父母も自分たち家族も心から暮らしやすいと思える家探しをすることが大切です。まず二世帯住宅で譲れないのは間取りです。祖父母と仲が良くても、お互いのプライバシーが確保できる間取りになっているかを確認しましょう。特に台所や浴室の場所や広さなどは家探しの時に注目したいポイントです。主婦同士がけんかしないような間取りになっているのが理想的です。また、将来祖父母が足や腰を悪くした場合を想定してバリアフリー設計されているかどうかに注目した家探しをするのもおすすめです。特に玄関やトイレなどは後からバリアフリー用に工事すると大変なので、最初から段差が無く移動がスムーズであるか、間口が広くて介助や介護しやすい作りになっているかを確認しましょう。二世帯住宅の場合、祖父母が資金面で援助してくれるケースも多いため、余裕があれば建売住宅だけでなく注文住宅も視野に入れた家探しをすると理想の二世帯住宅が手に入るでしょう。

バックナンバー

家探しの深い情報

新着情報

↑PAGE TOP